『人間万事塞翁が馬』 じんかんばんじさいおうがうま

新型コロナウィルスの影響で様々な弊害が出ています。
卒業式に付随する謝恩会や送別会の中止、遠方への引越しの為、最後に沢山遊びたかった子供たち…
仕事が次々にキャンセルとなり、売り上げの見通しが立たない会社やお店…
ご家族・友人との楽しい旅行の計画も中止せざるを得ない状況になっているようです。

この私もため息の数と、ため息の深さに体が重い毎日。
そんな時、私のヘアメイク担当のくわちゃんから『人間万事塞翁が馬』と一言メッセージがありました。
〈世の中に起きる悪いことも良いことも予期できず、それに振り回されてはならない〉と言う意味です。
コロナの影響で、私も沢山の仕事を無くしました。
しかしこうして鍼灸師としての仕事を見つめ直す良い機会にもなり、私から鍼灸の道を取ったら何も残らないな、と改めて感じることができました。

また、私の友人は若かりし頃、デートの約束をなんと2時間前にお断りをされたそうです。
2時間前だから、当然お化粧もバッチリ、準備万端で心はワクワク。
しかし突然、2時間前のキャンセル…
失意のどん底の友人は、仕方なく女友達と食事へ行き、そこで出会ったのが現在のご主人様だったそうです。

人間、いつどこでなにが起こるかなんてかわかりませんね。
数時間前まで不幸のどん底にいた友人は数時間後には人生の伴侶に出会えた。
デートのドタキャンがなければ現在のご主人とは会えなかったというわけです。

ピンチはチャンス、災い転じて福となす。

とはいえ、今回の大打撃は世界的に受け入れがたい被害を巻き起こしています。
『人間万事塞翁が馬』なんて受け入れられない、と感じている人も多いと思います。
この言葉はそれでも、この状況のありのままを大切にしなさい、ということを言っているのだと思っています。
言葉には出会うタイミングによって、受け取る印象や、その言葉の重みが変わることを実感しました。
今日はそんな古の格言に出会えました。

PAGE TOP